つながるオーケストラ♪Orchestra Amici 次回の演奏会情報

WHAT'S NEW

アミーチとは

オーケストラ" アミーチ" は、
一般のオーケストラとしてよりいっそう
レベルの高い演奏活動を目指し、
2009 年6 月に発足しました。

「Amici: アミーチ」とは、
イタリア語で「友人、友達」という意味の言葉です。
現役の大学生と、社会人になったばかりの
若いメンバーを中心に立ち上げたこのオケで、
「気のおけない仲間と最高の音楽を!」
という思いを込めながら、
密度の高い練習を重ねるよう、日々活動しています。

この仲間と一緒に、レベルの高い音楽を、あの人に届ける。
人とつながるオーケストラ、アミーチ。

指揮者紹介

清水醍輝

清水 醍輝 Shimizu Daiki

 5歳よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール東日本大会中学生の部第2位。1988年第57回日本音楽コンクール第1位。増沢賞、特別賞受賞。「若い芽のコンサート」でNHK交響楽団と共演。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽部を共に首席で卒業。安田生命クオリティオブライフ文化財団、文化庁より奨学金を受けウィーン市立音楽院に留学。在学中同学院オーケストラと共演。ドイツ、フランス、アメリカにてリサイタルを行う。これまでに、故小国英樹、故江藤俊哉、トーマス・クリスティアン、各氏に師事。イヴリー・ギトリス、ノーバート・ブレイニン、シモン・ゴールドベルグ、ミシェル・シュヴァルベ、サシュコ・ガヴリロフ、各氏のマスタークラスを受講。1998年に帰国し、2001年11月まで新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターとして活動。
 その他、東京フィル、東京シティフィル、神奈川フィル、読売日響、大阪シンフォニカー、大阪センチュリー、関西フィル、群馬響、仙台フィル、札幌響、九州響等のゲストコンサートマス ターを務める。JTアートホール室内楽シリーズ、紀尾井シンフォニエッタ東京、サイトウ・キネン・オーケストラ、等多数参加。近年では主にトウキョウ・モーツァルトプレイヤーズ、東京アンサンブルで活動。他、室内楽の指導、近年では、内藤佳有氏に指揮の手ほどきを受け、キンボー・イシイ=エトウ氏に師事。同氏の大阪交響楽団、読売日響での公演では度々アシスタントも務め、その音楽性、信頼性の評価は高い。
 他、みたかジュニア・オーケストラ、多数のアマチュアオケの指導、演奏会などにも力を入れるなど、多方面にわたる活動を行っている。

次回の演奏会

オーケストラ“アミーチ”第8回演奏会

2017年2月18日(土)開場 13:30 開演 14:00
指揮 清水醍輝

ベートーベン 交響曲第6番「田園」
ライネッケ フルート協奏曲
(フルート独奏 小池 郁江)
メンデルスゾーン フィンガルの洞窟

場所 神奈川県立音楽堂
JR・市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩10分

チケット:全席自由 前売り券800円 当日券1000円

お問い合わせ 過去の演奏会

ソリスト紹介

小池 郁江

小池 郁江  Koike Ikue

東京芸術大学を首席で卒業し、アカンサス音楽賞を受賞。同大学院修士課程を修了。アフィニス文化財団の海外研修員として、奨学金を得てミュンヘンに留学。日本フルートコンヴェンションコンクール第1位、日本管打楽器コンクール第1位ならびに特別大賞・文部科学大臣奨励賞・東京都知事賞、神戸国際フルートコンクール第5位。岡山芸術祭グランプリ、福武文化財団奨励賞、エネルギア音楽賞を受賞。札幌交響楽団、東京都交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、九州交響楽団などと共演。東京オペラシティ文化財団主催リサイタルシリーズ「B→C」に出演し、その模様がNHK-FM でオンエアされた。宮崎国際音楽祭、霧島国際音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバルなどに出演。日本・ドイツ・韓国にて循環呼吸法についての講義を行う。これまでにフルートを星島明郎、峰岸壮一、浅生典子、金昌国、パウル・マイゼン、ヘンリック・ヴィーゼの各氏に、室内楽を四戸世紀、佐久間由美子の各氏に師事。現在、東京都交響楽団フルート奏者を務める傍ら、ソロや室内楽の分野でも活躍している。後進の指導も行っており、東京芸術大学、桐朋学園大学、洗足学園音楽大学の非常勤講師を務める。

仲間募集

アミーチでは、団員を募集しています。
関東圏(神奈川・東京)で活動できる
大学生以上の楽器経験者の方大募集です。
現在募集中のパートは以下の通りです。

練習は基本的に月に1回土曜日・日曜日に行い、
本番直前は週に1回まで増えます。
数多くあるアマチュアオーケストラの中でも
より質の高い演奏を目指して真剣に取り組んでいます。
向上心のある方大歓迎なので、お気軽に連絡ください。

お問い合わせ
ページトップへ